企業主導型保育事業とは

  • home
  • 企業主導型保育事業とは

「企業主導型保育事業」とは、企業主導型の事業所内保育事業を主軸として、多様な就労形態に対応する保育サービスの拡大を行い、
保育所待機児童の解消を図り、仕事と子育ての両立に資することを目的としたものです。(内閣府WEBサイトより引用)

「企業主導型保育園」では、開所日時・対象年齢など柔軟な保育サービスの設定できるほか、
地域住民の受け入れ・複数企業でのご利用が可能です。

「いよてつ保育園」では従業員さまが安心して
長く働き続けられるように、提携企業を募集しています。

「出産・育児に伴う離職を減らしたい」「育休からの復職が難しい」「女性職員の新規雇用に力を入れたい」など
“子ども”と”働き方”の悩みを解決するために、法人契約をご検討ください。

企業主導型保育事業の仕組み

企業が法人契約を結べば、提携企業のお子さまは従業員枠として契約が可能に!
人材の確保につながります。

※保護者のいずれもが就労条件等を満たすことが必要です。

提携企業のメリット

  • 1人材採用に有利

    保育園の利用が可能であることが、うたえることにより、新しく人材を採用する際の大きなPRポイントとなります。
    出産後も長く働きたいと考える女性にとって魅力的な企業となります。

  • 2離職の予防ができる

    出産や育児は女性社員の退職理由の大きな割合を占めます。いよてつ保育園と提携することにより、人材の流出を防ぐことができ既存の社員の安定的な雇用に繋がります。

  • 3企業イメージの向上

    福利厚生の一環としても利用できます。また一般事業主行動計画にも明記することができ、企業イメージの向上にも繋がります。